懐かしき漫画たちの思い出話
Just another WordPress site

「あしたのジョー」を読まなきゃ男じゃない!

2015年9月24日 by pbcliberal | Filed under あしたのジョー.

今でも存在する週刊少年マンガ、少年マガジンの大ヒット人気作「あしたのジョー」

主人公の矢吹丈が、ラストシーンで真っ白に燃えつきた姿は、
はたしてジョーが死んだ姿なのかどうか?

それについていろんな論が展開されたほど、
かつての青年や少年達の心を鷲掴みにしたこのマンガ。

僕も三十歳過ぎてからも「男の聖書」だと断定してました。

「あしたのジョー」は原作者の梶原一騎さんと、作画のちばてつやさんが、
このエンディングに対して喧嘩をしたとかしないとかいう後日談があるそうですが、
原作者が描いたエンディングでは、試合終了後、ジョーと白木陽子が、
芝生の上に座って青空を見上げて終わるという様な、
二人の愛が成就する感じの爽やかな終わり方だったらしいですが、
作画のちばてつやさんが、それはジョーじゃない!と言いきって、
あの有名なエンディングに強引に描き変えたんだそうです。

凄い話ですよね。矢吹ジョーをめぐって二人の作家がガチで勝負した感じです。

でも確かに、ああいうエンディングだったからこそ、
「あしたのジョー」は不滅の金字塔を打ち立てたんでしょうね。

そんな矢吹ジョーを、大都会東京のドヤ街のヒーローとして、
ちばてつやさんが描いた部分が、実は僕は大好きなんですね。

これも原作者の梶原一騎さんには無い部分なんだそうですが、
矢吹丈の中に石田国松がいるんです。 わかるかなぁ?



One Response to “「あしたのジョー」を読まなきゃ男じゃない!”

  1. Mr WordPress より:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です